鳴滝工業のlogo

    

はすば歯車とは?

はすば歯車は、漢字では「斜歯歯車」と表記され、英語ではHelical Gear(ヘリカルギヤ)といいます。
はすば歯車は、歯スジがツルマキ線状である円筒歯車の一つです。
一見すると、平歯車の歯を斜めにしたもののように見えますが、歯スジは円筒の外周にツルマキ線状になっています。
はすば歯車の歯スジのねじれ方向は、歯スジを正面から見て、歯スジが右肩上がりのものを「右ねじれ」といい、逆に左肩上がりのものを「左ねじれ」と呼びます。
【メリット】
はすば歯車は、その軸に対して歯が平行でなく斜めについているため、平歯車(スパーギヤ)と比較すると、歯当たりが分散されるため、噛み合い率が良く(噛み合いがなめらか)、強度(面圧強度)に優れ、また音の静かな歯車であるといえます。
【デメリット】
トルクが掛かるとスラスト力(軸方向力)が発生しますので、はすば歯車を使用した歯車装置においては、歯車の組み合わせ方によって装置内部のスラストを打ち消しあうように設計することがポイントとなります。